なつかしい絵画<モネの睡蓮>

絵画っていいですよね。

私の家には今飾られている絵はないのですが、携帯画像に写真は入っています。
義父(妻の父)が私の娘を油絵で書いたものを携帯で送ってくれたのです。それをたまに見るにたび、ありふれた言い方ですが心がなごむものです。

今日は超超がつく有名な絵画を紹介します。

モネの「睡蓮」です。

これを僕が初めて見たのは中学時代の美術の授業でした。「油絵にも日本のような絵があるんやねえ。」と思ったのを覚えているから、相当印象深かったんでしょう。今見てもかなり懐かしい感情が呼び起こされます。

それが6万円台で入手できるのです。しかも、国立西洋美術館のものと同じものを額縁付き(縦60cm×横60cm)で、プリハードヘリオトワルという複製画のなかでもルーブルのお墨付きがあるという本物の質です。

これをあなたの家にも飾れば、日常の喧騒から離れ心を安らげる時間を持てるかもしれません。


詳細はこちら ↓↓↓


モネ「睡蓮」 S8号 松方コレクション【名画ドットネット】

posted by basten at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる商品〜教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8475835
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。