じゃあ震度とマグニチュードではどっちが大事なの?

震度とマグニチュードは、値の性質が違うので使う人によってどちらも大事です。

例えば騒音の大きさが100dBだったとします。

この場合、騒音そのものに着目している人から見れば「100dB」という数字が大事になります。しかし、その音源から5m離れた人と100m離れた人では音の聞こえる大きさは異なっています。

5mの人にとっては、「とてつもなくうるさい音だから何とかして欲しい」ということになりますが、100mの人にとっては、「ちょっとうるさいけど我慢するか」ということになります。

地震の場合も同じで、地震のもつエネルギーそのものに着目している人(例えば研究者など)にとってはマグニチュードと震度の両方が必要です。しかし、私のような一般の方だと震度の方が実際の現場に遭遇したとき、もっとも身近な尺度になるというわけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。