最近は耐震偽装事件もあり、阪神の地震以来騒がれているような気がするけど

ビルや家屋、高速道路のような構造物の耐震設計についてニュースで耳にする機会が、10年、20年前より多くなったような気がしませんか?

これにはターニングポイントがあります。

そう、やはり1995年の阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)なのです。この時から、日本の耐震設計はガラリと変わりました。
posted by basten at 01:15 | 耐震設計と防災の歴史
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。